便秘改善のために逆立ち

便秘改善したいなら逆立ち!そんな話があります。
逆立ちって、あばれはっちゃくじゃないんだから(古っ!)と思ってしまいます。

でも少し冷静になって考えて見ましょう。確かに逆立ちをすると頭に血が上り、
決して良くないかもしれません。そもそも逆立ちができない、できるような
場所がないということもあるかもしれません。いきなり街中で逆立ちをする
わけにもいきませんからね・・・

まぁそこはなんとか確保してもらうとします。
ではどうしても逆立ちが便秘改善に役立つという話が出てくるのでしょうか?

それは人間の構造を見てみるといいかもしれません。便秘改善を考える際、
大腸は外せませんね。そしてその大腸ですが、体の下の方、お腹ら辺にある
わけです。つまりいつも下向きの負荷がかかっているのです。そいう場所に
ある内臓なので、それはそれでいいのですが、負荷がかかっていることは事実。

よく大腸揉みマッサージとか、ヨガとかありますよね。あれは全て大腸に適度な
刺激を与えてあげるためのものなのですが、発想としてはそれと同じです。

いつも体の下の方にあり負荷を受けている状態の大腸からその負荷をちょっとだけ
取り除いてあげるのです。そうすることのよって、大腸が、ん?どうしたんだろう。
普段より何だか軽くなったぞ。そんなことを考えてくれるといいな、というのが
便秘改善のための逆立ちの狙いです。

当然逆立ちですから、そんなに長くすることはできません。先ほど書きましたように
頭に血が上ってしまいますし、そもそも逆立ち自体それなりにスキルが必要です。

なので、あまり本格的に逆立ちをする必要はないと思います。逆立ちそのものが
大事なのではなく、逆立ちしている状態にすることが大事なのです。

ですので、三点倒立のようなことをするのもいいのではないかと思います。
逆立ちというと腕2本で立たないといけないのですが、三点倒立であれば、
頭も入れて三点で立てばいいのです。

これであれば腕の負担も少なくて済みますし、逆立ちのハードルも下がるでしょう。
とはいえ逆立ち自体結構ハードなので、失敗して転倒したなんてことになったら
大変ですから、腸揉みマッサージやヨガなども使って、いろいろな角度から大腸に
刺激を与えることをしてみましょう。

単純にうつぶせになっているだけでも刺激になる、という話もあります。
刺激というと何か強烈なものを与えないといけないと思うかもしれませんが、
普段とは異なる姿勢をとるだけでもいいのです。

是非毎日の生活の中に取り入れていきたいものです。

この記事へのコメント